ギックリ腰

  • 急なギックリ腰で身体を動かせない
  • ギックリ腰を繰り返してしまう
  • ギックリ腰が癖(クセ)になってしまった
  • ギックリ腰の辛さがなかなか取れない
  • ギックリ腰になって以来、腰や骨盤の不調が続いている

 

とっても辛いギックリ腰・・・その原因は?

ギックリ腰・・・腰痛でお悩みの方もそうでない方も1度は耳にしたことがあるとは思いますがとても嫌な響きですね。

ギックリ腰とは、筋・筋膜性の『急性腰痛発作』のことを言います。
慢性的な腰痛とは違い、痛みの出ている場所に強い炎症が起きてしまうことで腫れや熱を伴った痛みが出てしまいます。

今までにギックリ腰を経験されたことのある方ならおわかりになるかと思いますが、その症状はとてつもなく強い痛みが出るのが特徴です。

症状の程度には個人差があり、比較的軽い症状の場合であれば痛みは伴いますがなんとか身体を動かすことが出来ます。しかし、重度の症状の場合はその激痛で動くこともままならない状態になってしまうこともあります。

ギックリ腰の原因として、一般的なイメージは重い荷物などを持ち上げた時にギクっとなるイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際には顔を洗っている時、歯を磨いている時、くしゃみをした時、ゴミなどを拾う為前屈みなった時、階段を上がる時などといった、日常生活のちょっとした動作が引き金となり発症してしまうケースが多く見受けられます。

 

とっても辛いギックリ腰、ではその原因とはいったい何なのでしょうか。

主な原因は「骨盤の歪み」と「筋肉の硬さ」

ギックリ腰に繋がる原因として、長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢、姿勢の悪さ、筋肉疲労、運動不足、身体の冷え、身体の柔軟性低下、腰への急激な負荷、ストレスなどが挙げられます。

中でも、骨盤の歪みが強く出ていたり筋肉疲労がかなり蓄積した状態で前述のような動作をした際に引き金となって発症するケースが大半です。
実際に、ギックリ腰になられてしまった方に施術前のカウンセリングでお話しを伺うと、日常生活のなかで腰や骨盤周辺に不調や違和感を感じていた状態で動作による負荷などが掛かって受傷されてしまう方がとても多く見受けられます。

例外として、もともと腰にヘルニアなどの疾患がある方で特に無理な動作をしたわけではないのに急に発症するケースもあります。

慢性的に腰痛をお持ちの方、腰や骨盤まわりに不調や違和感を感じている方は、上記のような日常生活のちょっとした姿勢や動作でギックリ腰になりやすい状態ですので注意が必要です!

ギックリ腰はクセになりやすい?

ギックリ腰がクセになる・・・日常生活の中で時折こういった言葉を耳にすることはありませんか?
実際に、北本セントラル整骨院へお越しいただいた方とのカウンセリング中や施術中にこいったご相談やご質問を受けることがあります。ギックリ腰になられてしまった場合、症状の程度にもよりますが時間の経過とともに痛みの出ている部位の炎症が引いていき痛みは改善していきます。

しかし、多くの場合『痛み』については改善しても『骨盤の歪み』と『筋肉の硬さ』は残ってしまっていることが多く、日常生活のなかでギックリ腰になられる前と同じような生活習慣や動作をしていると再びギックリ腰になってしまうリスクが高くなります。

初めてギックリ腰になられてしまった方、またギックリ腰がクセになっている方は、痛みが改善したとしても根本原因となる骨盤の歪みと筋肉の硬さについても良い状態に回復するまでしっかりと対処していくことでクセになってしまうのを防ぐことが出来ます!

ギックリ腰は早めの対処がとても重要です!

急性のギックリ腰の場合、その方の状態や痛みの程度によって対処方法が若干異なります。

北本市の北本セントラル整骨院では、ギックリ腰になられてしまった方のお身体の状態をしっかりと見極め最適な方法で施術をさせていただいております。

施術を行う前に、まずカウンセリングにて身体の状態をしっかりとお伺いし、深層筋などの痛みの原因となりやすい筋肉の状態や、骨盤・骨格のバランスなどを確認させていただくことで痛みの『根本原因』にアプローチしていきます。