足のしびれ 坐骨神経痛・ヘルニア

  • お尻から足にかけて、鈍い痛みやしびれがある
  • 前かがみ姿勢や身体を後ろに反らすのがつらい
  • ずっと座っている・立っているのがつらい
  • 足に力が入らない 感覚が鈍い 冷たく感じる
  • 坐骨神経痛やヘルニアと診断され通院もしたが、しびれや痛みが続いてつらい

一つでも当てはまる場合は要注意です。

続いてしまっている足の痛みやしびれを、これ以上我慢しないで早めの施術をおすすめいたします。
坐骨神経痛、ヘルニアでお困りの方は北本市のセントラル整骨院へぜひ一度ご相談ください。

足のしびれってどうしてでるの? 

おもな原因

足にしびれが出る原因として、おもに椎間板ヘルニア、腰椎の変形・ずれ・狭くなっていることなどがあげられます。このようなことから、神経を刺激・圧迫されることによりしびれや痛みが起きます。

        

また、そのようにしびれや痛みが起きている状態のことを、坐骨神経痛と呼びます。
腰~臀部~足にかけて伸びている太く長い神経が、坐骨神経になります。
坐骨神経痛は、病気が原因で起こる場合と、腰や臀部まわりの筋肉の緊張によっても起こる場合があります。

もしかすると、つらい今のしびれや痛みは、ヘルニアや腰椎の異状から起きているのではないかもしれません。実際、しびれや痛みの有無に関わらず、レントゲンによりヘルニアが確認されることもあります。

また診断された方でも神経の刺激や圧迫を減らし、足の痛みやしびれが、軽減もしくは全く出なくなったという方もたくさんいらっしゃいます。

なりやすい方

このような方が特になりやすいです

  • 長い時間同じ姿勢が続く方
    (ずっと立っている、座っている)
  • 腰に負担のかかる動作をくり返しされる方
  • 無理な体勢で作業をされる方
  • 強い衝撃が加わったケガや事故に遭われた方

足のしびれを放っておくと

足のしびれや痛みを我慢されたり放っておくと

まず、“足のしびれ”が出ているという状態は、腰の痛みや日常の疲労の蓄積の延長線上、悪化していると考えられます。
ヘルニアなどの病気から起こっているものですと尚更です。
その状態からさらに足のしびれや痛みを我慢されたり放っておくと、治りづらいだけではなく、歩くことも難しくなり手術が必要になる場合もあります。

北本セントラル整骨院の足のしびれ、坐骨神経痛・ヘルニアの施術

急に起こった場合には、まず病院へ行ってください。怖いものですと脳や内臓の病気の可能性もあります。
身体の状態を確認していただき、経過観察や様子見と言われた場合や、足のしびれや痛みが続いてしまっている場合も十分よくなる可能性があります。
しびれは症状が重く、比較的治療の期間が長くかかります。
しかしながら筋肉の状態を良くし、身体のゆがみを正し、バランスのとれた状態にすることで、神経の刺激や圧迫を減らし、足のしびれや痛みが大幅に改善されることも多くあります。