産後骨盤矯正

  • 産後の骨盤の歪みやバランスが気になる
  • 出産後、腰痛に悩まされるようになった
  • 授乳姿勢や抱っこが続くと腰まわりが辛い
  • 抱っこなどをすると、股関節や膝が痛む
  • 出産後、スタイルが戻りにくく冷えたりや浮腫むようになった

産後の骨盤の歪み・・・その原因は?

北本セントラル整骨院スタッフ一同よりこの度のご出産お祝い申し上げます!
新しいご家族が増えますます楽しく賑やかになりますね♪

さて、幸せかつお忙しい日々をお過ごしかと思いますが、出産後のお身体の調子はいかがでしょうか?
出産の影響や育児中の影響は、日々の子育てに奮闘されているママさん達のお身体にとって負担となってしまうことが多く、次第に腰や骨盤といった部分にも不調やトラブルが出てしまいます。この不調やトラブルの原因として、『産後の骨盤の歪み』によって引き起こされてしまうことが多く見受けられます。

ではこの産後の骨盤の歪み、その原因とはいったい何なのでしょうか。

リラキシンの影響 でも赤ちゃんには心強い味方

産後ならではの骨盤の歪みの原因として「リラキシンの影響」があります。

このリラキシンというホルモンは、妊娠中から分泌されていて出産に備え骨盤の靱帯や関節を緩める働きをします。
この働きにより、出産時に産道が広がりやすくなり分娩がスムーズに行えるようになります。

出産時、産まれてくる赤ちゃんの為に重要な働きをしてくれるリラキシンですが、骨盤の靱帯や関節を緩めるということは日常生活において妊娠中~産後のママさんにとって不調の原因にもなってしまいます。

骨盤の靱帯や関節が緩んでしまうと、骨盤が不安定になりやがて骨盤に歪みが生じます。
この歪みの影響によって、骨盤で身体を支えられなくなると周囲の筋肉や関節が骨盤の代わりに身体を支えようとします。
すると、筋肉や関節に普段以上の負荷が掛かる為、次第に腰痛や関節の痛みなどといった症状が出るようになってしまいます。

なお、リラキシンの分泌は妊娠してから産後2~3日までとされています。

リラキシンの働きは、骨盤の歪みや腰痛・関節痛といったママさんの不調の原因になってしまいますが、産まれてくる赤ちゃんにとってはすご~く重要な役割をしてくれているので悪者扱いはしないであげて下さいね♪

育児中の姿勢や動作による影響

前述のリラキシンの働きなどに助けられ、赤ちゃんの産道を確保する為に大きく開いた骨盤は出産後ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻ろうとします。
しかし、一度開いてしまった骨盤が自然に元の位置に戻るのは困難なので、産後の骨盤ベルトなどを使いサポートしながら開いてしまった骨盤を元の状態に戻していくのが効果的とされています。

通常であれば、上記の方法で骨盤の歪みや開きは次第に解消し正しい位置に戻るのですが、妊娠期間中の運動不足などにより骨盤まわりの筋力が低下している状態だと骨盤は正常な位置に戻りにくい状態になってしまいます。
骨盤はまわりの筋肉によって支えられている為、腰・骨盤・内腿のインナーマッスル(骨格を支えている筋肉)が弱くなっていると骨盤の歪みが改善しにくくなります。

この状態の時に、子育て中の姿勢や動作の影響を受けると骨盤の歪みに繋がってしまいます。

例えば、授乳中に横座りやあぐらをかく姿勢が長時間続いたり、頻繁にその姿勢を繰り返したりすることで骨盤に歪みが生じやすくなります。
また、お子様の抱っこやおんぶといった腰や骨盤に重さによる負荷が掛かったり、腰を反らして抱っこをするような姿勢(反り腰)といった体勢なども骨盤に影響が出やすくなります。

産後3ヶ月くらいまでの期間は、骨盤が不安定な状態と言われており姿勢や動作の影響を受けやすいので注意が必要です!

産後の骨盤の歪み・・・放置してしまうと?

骨盤が歪んだ状態が続いてしまうと、筋肉のバランスが崩れ次第に血流やリンパの流れが悪くなり冷え性や新陳代謝の低下を招きます。

産後や育児をするようになり、以前と比べ身体が冷えやすくなったり、浮腫みが出るようになったりと体質が変わってしまった方の場合は骨盤の歪みの影響が考えられます。

また、骨盤の歪みがまわりの筋肉に影響し、坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が出てしまったり、仙骨・尾骨・恥骨の痛みや股関節や膝など関節に痛みが現れることもあります。

その他の症状として、骨盤の歪みによって内臓が本来の正しい位置にとどまれずに下へ下がってしまう為、それを支えるために皮下脂肪が増えてしまうといった問題も出てきます。

このように、骨盤の歪みを放置してしまうと体質変化や痛みなどといった様々な不調を引き起こすようになってしまいます。また、骨盤の歪みが強くなりバランスが崩れると背骨にまで歪みが出てしまい、身体全体にも様々なトラブルが起きやすくなってしまいます。

当院の骨盤矯正はポキポキしない優しい方法です♪

当院の骨盤矯正は、従来のような「ポキポキ」「バキバキ」といった矯正では無く、産後の方でも受けやすい「身体に優しい矯正方法」で産後の骨盤の歪みにアプローチしていきます!

骨盤の歪みは、『仙骨』と『腸骨』を繋いでいる『仙腸関節』に不具合が生じて起きてしまういます。仙腸関節の歪みは、骨盤周囲の筋肉や靱帯のコリや張りなどが影響してしまう為、矯正をする前にしっかりと骨盤まわりの緊張を緩めてから骨盤矯正を行います。

身体の痛みや辛さで悩まずいつも笑顔で元気なママでいられるよう、北本市の北本セントラル整骨院は『産後骨盤矯正』で頑張っているママさん達の健康を支えていきます!